VPNレビュー

Private Internet Access(プライベートインターネットアクセス)の評判・レビュー

private-internet-accessvpn メリット・デメリットは?

VPNサービスは、日本や海外の複数の会社が展開しています。

この記事では、Private Internet Access(プライベートインターネットアクセス)について解説していきます。

 

Private Internet Accessとは?

private-internet-accessvpn ホームページ

Private Internet Access(プライベートインターネットアクセス)は、2010年に設立したアメリカに拠点を置くVPNサービスです。

名前が長いこともあり、PIAVPN」と略されていることが多いです。

価格1ヶ月プラン:1,319円/月
1年プラン:366円/月
2年プラン:241円/月
無料お試し・返金保証期間30日間
サーバー台数非公開
サーバー設置国78カ国
日本語対応なし
同時接続台数10台

 

Private Internet Accessのメリット・デメリット

PIAのメリット・デメリットを解説していきます。

PIAのメリット

PIAのメリットは、以下5つです。

  1. 価格が安い(長期間の利用でお得)
  2. ストリーミング用のサーバーがある(地域ブロックが解除できる)
  3. ノーログポリシーを採用している
  4. 暗号通貨での支払いに対応している
  5. 多くのサービス実績がある

それぞれ詳細を見ていきましょう。

価格が安い(長期間の利用でお得)

PIAには、1ヵ月プラン、6ヶ月プラン、24か月プランがあります。

24か月プランにすると、+2ヵ月分無料が付いてきます。

private-internet-accessvpn 料金プラン

業界大手VPNサービスのNordVPN、ExpressVPNと比較しても格安です。(ExpressVPNの最長は1年プランです)

NordVPN439円/月(2年プラン)
ExpressVPN734円/月(1年プラン)
PIAVPN241円/月(2年プラン)

※1ドル=110円で換算。為替レートによって価格は変動するので、最新の価格は公式ページでご確認ください。

ストリーミング用のサーバーがある(地域ブロックが解除できる)

PIAでは、Netflix、Disney+、Huluなど、地域ブロックの解除に適したサーバーを選べます。

ノーログポリシーを採用している

ノーログポリシーとは、VPNサービスにおいて利用者の閲覧履歴やIPアドレスなどの記録(ログ)を保存しないという約束事です。

private-internet-accessvpn ノーログポリシー

インターネットの主なログの種類は以下です。

  • 閲覧したウェブサイト
  • ダウンロードしたファイル
  • 使用したソフトウェア
  • 接続日と接続期間 ‥etc

ログを取られることがないので、何をダウンロードしているのか、どのリソースからダウンロードしているのかを誰にも知られません。

プライバシー保護の観点からも、ユーザーを守ることに繋がっていて、そのポリシーは警察ですら発信者の特定を困難にするほどです。

関連記事:ログなしVPNは警察による発信者特定を難しくするのか

暗号通貨での支払いに対応している

VPNを使って匿名を保ちたい人にとって、ノーログポリシーと合わせて重要となるのが支払い方法です。

クレジットカードでの支払いはアカウントと個人を簡単に紐付けられてしまいますが、暗号通貨での支払いを選択することで、匿名性をより高められます。

PIAでは、ビットコイン、イーサリアム、ライトコインでの支払いに対応しています。

多くのサービス実績がある

海外のVPN情報サイトの調査では、ユーザー数は7番目に位置しています。

大手の2社(NordVPNとExpressVPN)に比べると約半分ではありますが、TOP10に入っているだけでも十分な実績があると言えるでしょう。

private-internet-accessvpn 利用者数

出典:https://vpnpro.com/blog/vpn-market-share-overview/

 

PIAのデメリット

PIAのデメリットは、以下3つです。

  1. 通信速度が大手よりも劣る
  2. 日本語対応が充実していない

それぞれ詳細を見ていきましょう。

通信速度が大手よりも劣る

海外のVPN情報サイトによると、PIAの通信速度をExpressVPNで比較すると、ExpressVPNの方が圧倒的に速いことがわかっています。

ダウンロード平均 / アップロード平均

ExpressVPN:103Mbps / 97Mbps

PIA:38Mbps / 41Mbps

PIAVPNとExpressVPN 通信速度比較

出典:https://cybernews.com/best-vpn/expressvpn-vs-pia/

日本語対応が充実していない

アプリには日本語版があるものの、利用規約・契約(解約手続き含)は、英語が使われています。(日本語版はありません。)

ホームページも一部は日本語ですが、よくある質問のセットアップガイドやトラブルシューティングガイドも日本語版はありません。

NordVPNExpressVPNが、日本語対応しているのとは対照的です。

 

PIAがおすすめの人

PIAは、以下の人におすすめです。

  • 2年プランで、大手より少しでもお得に使いたい人

PIAは、2年プランにすると格安になるので、長期間使う前提で料金を安く抑えたい方に適したサービスです。

一方で、通信速度や日本語対応を優先したいのであれば、NordVPNExpressVPNをおすすめします。

 

PIAの口コミ・評判

PIAの口コミを確認しました。

日本語でPIAの口コミが見当たらなかったので、英語圏の口コミを掲載します。

まず、よい口コミです。

上記ツイートの日本語訳

Private Internet accessは、旅行中いつも役立っています。

 

上記ツイートの日本語訳

Private Internet Accessは、過去7年間ずっとうまく機能しています。

 

次に、悪い口コミです。

上記ツイートの日本語訳

PIA VPNは、ひどい会社です。ひどいカスタマーサービスです。

おすすめはしません。

 

上記ツイートの日本語訳

みんな Private Internet Access VPNを使っていますか?

グーグルサービスが全然動かないし、CAPTHAの画像も読み込めない。

 

このように賛否さまざまな口コミがあるので、利用者の環境によって使い勝手が異なるのかもしれません。

PIAには30日間の返金保証があるので、使ってみてから判断するのがよいでしょう。

 

PIAの登録方法

ここからは、PIAの登録方法を解説していきます。

手順は以下のとおりです。

  1. ホーム画面から「PIAを82%オフで入手しましょう」をクリックする
  2. 料金プランを選択する
  3. 支払い方法を入力する
  4. 「ユーザ名、パスワード」が届くので、それを使ってログインして完了

以下画面付きで解説していきます。

まず、PIAのリンクから、トップページにアクセスします。

トップページにアクセスしたら、中央の「PIAを82%オフで入手しましょう」または、右上の「PIA VPNを入手」クリックします。

private-internet-accessvpn 登録方法

※もし言語が英語になっていたら、右上のタブで日本語を選択できます。

ボタンを押して先に進むと料金プランが表示されるので、プランを選びます。

private-internet-accessvpn 料金プラン

支払い方法を選択します。

支払い方法は、「クレジットカード」「PayPal」「暗号通貨(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン)」の3つから選択できます。

登録後、マイページから支払い方法の変更は可能ですが、クレジットカードかPayPalへの変更しかできません。(「クレジットカード・PayPal」から「暗号通貨」へ支払い変更は不可です。)

暗号通貨での支払いを検討している場合は、注意しましょう。

private-internet-accessvpn 支払い方法

クレジットカードを選択すると以下の画面になるので、必要事項を入力します。

入力後、「今すぐ支払う」ボタンをクリックします。

  • メールアドレス
  • カード名義人
  • カード番号
  • 有効期限/CVCコード
  • 国名
private-internet-accessvpn 登録方法

支払いが完了すると、PIAから「ユーザ名、パスワード」が届きます。

これを使ってログインして、手続きは完了です。

 

まとめ

以上、PIAの解説でした。

PIAは、長期間使う前提で、少しでもお得に使いたい人に向けたサービスと言えるでしょう。

  • PIAのメリットとして、価格が安いこと(長期間の利用でお得)、ストリーミング用のサーバーがあること、ノーログポリシーを採用していること、暗号通貨での支払いに対応していること、多くのサービス実績があることが挙げられる。
  • 一方でデメリットとしては、通信速度が大手よりも劣ること、日本語対応が充実していないこと、短期の利用だと割高になることが挙げられる。30日間返金保証があるので、1ヶ月使ってみてから継続するか判断できる。
  • 申し込みをする際には、料金プランを選択して、支払い方法を入力する。「ユーザ名、パスワード」が届いたら、それを使ってログインすれば登録を完了できる。
【比較】 VPNサービス 【10項目で評価】
おすすめVPNは?【10項目で比較】最強VPNをレビュー当サイトでVPNサービスを比較した結果、おすすめの最強VPNプロバイダは、ExpressVPN、NordVPN、SurfsharkVPN、CyberGhostVPNの4つと結論づけました。...