VPNレビュー

SurfsharkVPN(サーフシャークVPN)の評判・レビュー

SurfsharkVPN メリット・デメリットは?

VPNサービスは、日本や海外の複数の会社が展開しています。

この記事では、SurfsharkVPN(サーフシャークVPN)について解説していきます。

 

SurfsharkVPNとは?

Surfsharkvpn ホームページ

SurfsharkVPN(サーフシャークVPN)は、2018年に設立した英国バージン諸島に拠点を置くVPNサービスです。

以下、SurfsharkVPNがVPNについて解説するYouTube動画(英語)になります。

 

SurfsharkVPNのメリット・デメリット

SurfsharkVPNのメリット・デメリットを解説していきます。

SurfsharkVPNのメリット

SurfsharkVPNのメリットは、以下5つです。

  • 価格が安い(NordVPN・ExpressVPNよりも安い)
  • 接続台数の制限がない(家族や法人での活用にも適している)
  • 使えるサーバー数が多い
  • ノーログポリシーを採用している
  • 暗号通貨での支払いに対応している

それぞれ詳細を見ていきましょう。

価格が安い(NordVPN・ExpressVPNよりも安い)

SurfsharkVPNには、1ヵ月プラン、12ヶ月プラン、24か月プランがあります。

Surfsharkvpn 価格

業界大手VPNサービスのNordVPN、ExpressVPNと比較しても格安です。

1年プランで価格を比較すると、以下の表になります。

NordVPN6,587円 (549円/月)
ExpressVPN8,804円 (734円/月)
SurfsharkVPN5,267円 (439円/月)

※1ドル=110円で換算。為替レートによって価格は変動するので、最新の価格は公式ページでご確認ください。

更に割安で利用したいのであれば、2年プランをおすすめします。

NordVPN10,534円 (439円/月)
ExpressVPN17,609円 (734円/月)
SurfsharkVPN6,574円 (274円/月)

※1ドル=110円で換算。為替レートによって価格は変動するので、最新の価格は公式ページでご確認ください。

接続台数の制限がない(家族や法人での活用にも適している)

SurfsharkVPNは、1つのIDで接続できる台数に制限がありません。

1人で使う分だけでなく、家族が持っているデバイスからも同時に接続して使用できます。(法人としてアカウントを持つこともできます。)

多くのVPNサービスは、同時に使用できる接続台数に制限を設けています。

接続台数に制限がないのは珍しく、SurfsharkVPNの大きな魅力と言えます。

NordVPN6台
ExpressVPN5台
SurfsharkVPN無制限

使えるサーバー数が多い

SurfsharkVPNは、日本を含む65カ国に設置されている3,200台以上のVPNサーバーを利用できます。

【VPNサーバー設置国】

日本、アメリカ、カナダ、アルゼンチン、トルコ、香港、韓国、エジプト…etc

主要国を含めて多くの国に設置されており、業界大手VPNサービスのNordVPN、ExpressVPNと比較しても引けを取りません。

NordVPN60カ国(接続サーバー:5,200台)
ExpressVPN94カ国(接続サーバー:3,000台以上)
SurfsharkVPN65カ国(接続サーバー:3,200台以上)

ノーログポリシーを採用している

ノーログポリシーとは、VPNサービスにおいて利用者の閲覧履歴やIPアドレスなどの記録(ログ)を保存しないという約束事です。

Surfsharkvpn ノーログポリシー

インターネットの主なログの種類は以下です。

  • 閲覧したウェブサイト
  • ダウンロードしたファイル
  • 使用したソフトウェア
  • 接続日と接続期間 ‥etc

ログを取られることがないので、何をダウンロードしているのか、どのリソースからダウンロードしているのかを誰にも知られないのです。

プライバシー保護の観点からも、ユーザーを守ることに繋がっていて、そのポリシーは警察ですら発信者の特定を困難にするほどです。

関連記事:ログなしVPNは警察による発信者特定を難しくするのか

暗号通貨での支払いに対応している

VPNを使って匿名を保ちたい人にとって、ノーログポリシーと合わせて重要となるのが支払い方法です。

クレジットカードでの支払いはアカウントと個人を簡単に紐付けられてしまいますが、暗号通貨での支払いを選択することで、匿名性をより高められます。

SurfsharkVPNでは、決済サービス会社「CoinGate」「Coinpayments」を通じて、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどでの支払いに対応しています。

SurfsharkVPNのデメリット

一方で、SurfsharkVPNには、以下3つのデメリットがあります。

  • 地域ブロックへの対応が弱い
  • 日本語サービスがパーフェクトではない
  • サービス実績が少ない

地域ブロックへの対応が弱い

地域ブロックとは、ある特定の地域からの視聴やIPアドレスからの利用を制限してしまう措置のことです。

VPNを利用する目的の一つに、住んでいる国以外で配信されているドラマ・映画・テレビ番組を見ることがありますが、地域ブロックに引っかかるとそれができなくなります。

Netflixの例だと、SurfsharkVPNが持つ一部のサーバーは、Netflix側に対策がされていて、対応が間に合わずに見られないケースが散在されています。

NordVPNや、Netflixのブロックへの対応を公言しているCyberGhost VPNは、VPNサービスだけあって、海外Netflixを見たい人から高い評価を得ています。

上記ツイートの日本語訳

CyberGhost…

さまざまな国から、手間をかけずにNetflixを見られます。

 

NordVPNとCyberGhostVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

NordVPN【メリット・デメリット】評判
NordVPNの評判・レビュー【世界最大手のVPNサービス】世界最大手のVPNであるNordVPNを実際に使った経験を元に詳細レビュー。評判や口コミとあわせて解説しています。...
CyberGhost VPN【メリット・デメリット】評判
CyberGhost VPNの評判・レビュー【ネトフリ対応に強いVPN】 VPNサービスは、日本や海外の複数の会社が展開しています。 この記事では、CyberGhost VPN(サイバーゴーストV...

日本語サービスがパーフェクトではない

アプリは日本語が使えますが、利用規約・契約(解約手続き含)は、英語が使われています。(日本語版はありません。)

ただしSurfsharkVPNは、24時間年中無休のライブチャット対応をしています。

チャットで日本語対応をして欲しいと伝えれば、担当の人(外国人)から日本語で返信がきます。

「全て日本語じゃないと不安」

こんな人には純日本製で、日本語サービスがパーフェクトなセカイVPNをおすすめします。

セカイVPNの詳細は、以下の記事をご覧ください。

セカイVPN【メリット・デメリット】評判
セカイVPNの評判・レビュー・使い方【無料体験期間が魅力】セカイVPNの評判・レビューを知りたい!そんな方に向けて、実際に使ってみた経験を踏まえて、セカイVPNのメリット・デメリットを解説しています。...

サービス実績が少ない

SurfsharkVPNは2018年に設立されたサービスで、歴史がまだ浅くユーザー数の利用実績が少ないのが現状です。

実際に海外のVPN情報サイトが発表しているユーザー数のTOP10にも入っていません。

Surfsharkvpn 利用数

出典:https://vpnpro.com/blog/vpn-market-share-overview/

実績面ではNordVPNや、ExpressVPNに比べると、見劣りしてしまうのが現状です。

SurfsharkVPNがおすすめの人

SurfsharkVPNは、以下のような人におすすめです。

  • 価格を抑えたい人
  • 同時接続台数の制限を気にせず使いたい人

SurfsharkVPNの魅力は、価格が格安であること、同時接続台数に制限がないところです。

複数の末端でVPNサービスを利用したい方にはおすすめです。

\30日間返金保証/

SurfsharkVPNを試してみる

 

SurfSharkVPNの口コミ・評判

SurfsharkVPNのネット上での評判・口コミを確認しました。

まず、良い口コミです。

同時接続台数に制限がないことやサポート面に対して好評価でした。

通信速度についても、満足の声が見られました。

次に、悪い口コミです。

VPNの接続状況は、使用環境にも影響を受けます。

SurfsharkVPNには30日間返金保証があるので、さまざまなサービスに繋がるか?を使ってみてから継続するか判断してみてもよいでしょう。

 

SurfsharkVPNの登録方法

ここからは、SurfsharkVPNの登録方法を解説していきます。

手順は以下のとおりです。

  1. ホーム画面から「SurfsharkVPNを入手する」をクリックする
  2. 料金プランを選択する
  3. アカウント用のメールアドレスを入力する
  4. オプションでセキュリティを追加したい場合は、「追加」をクリックする
  5. 支払い方法を選択する
  6. パスワードを設定して完了

以下画面付きで解説していきます。

まず、SurfsharkVPNのリンクから、トップページにアクセスします。

トップページにアクセスしたら、「SurfsharkVPNを入手する」をクリックします。

surfsharkvpn登録方法

※もし言語が英語になっていたら、右上のタブで日本語を選択できます。

ボタンを押して先に進むと料金プランが表示されるので、プランを選びます。

surfsharkvpn登録方法

そのまま下にスクロールして、アカウント用のメールアドレスを入力します。surfsharkvpn登録方法

続けて下にスクロールすると「VPN以外のセキュリティも追加する」の画面になります。

オプションでセキュリティを追加する場合は、「追加」をクリックします。

追加しない場合は、クリックしないでそのまま支払い方法の選択に進みます。

surfsharkvpn登録方法

支払い方法を選択します。

支払い方法は、「クレジットカード」「PayPal」「Google Pay」「Amazon Pay」「暗号通貨(CoinGate、GoinPayments)」の5つから選択できます。

surfsharkvpn登録方法

たとえばクレジットカードを選択すると、以下の画面になります。

surfsharkvpn登録方法

このときに国を選択できますが、選択する国によって消費税額が変わるので、注意しましょう。

たとえば「日本」を選ぶと消費税は10%ですが、「英国」を選ぶと以下のように消費税は20%になってしまいます。

surfsharkvpn登録方法

必要事項を入力後、「購入完了」ボタンをクリックします。

surfsharkvpn登録方法

購入が完了するとパスワードを登録する画面になるので、パスワードを登録して登録完了です。

 

まとめ

以上、SurfsharkVPNの解説でした。

SurfsharkVPNは、価格をおさえたい、同時接続台数の制限を気にせずに使いたい人向けのサービスと言えるでしょう。

  • SurfsharkVPNのメリットとして、価格が安いこと(NordVPN・ExpressVPNよりも安い)、接続台数の制限がないこと(家族や法人での活用にも適している)、使えるサーバー数が多いこと、ノーログポリシーを採用していること、暗号通貨での支払いに対応していることが挙げられる。
  • 一方でデメリットとしては、地域ブロックへの対応が弱いこと、日本語サービスがパーフェクトではないこと、サービス実績が少ないことが挙げられる。30日間返金保証があるので、1ヶ月使ってみてから継続するか判断できる。
  • 申し込みをする際には、料金プランを選択して、メールアドレス、支払い方法を入力する。支払い時は、国によって消費税額が異なるため正しいものを選ぶようにする。

\30日間返金保証/

SurfsharkVPNを試してみる

【比較】 VPNサービス 【10項目で評価】
おすすめのVPN【11サービスを10項目で比較】 この記事では、日本人にもよく使われる11個の有料VPNサービスを比較して、どれが最もおすすめかを結論づけていきます。 ...