VPNとは

VPNとは?【できることは?いつ使う?使った方がよい?】

VPNとは?【できることは?いつ使う?使った方がよい?】
本サイトはプロモーションが含まれています

VPNとは、バーチャル・プライベート・ネットワーク(Virtual Private Network)の略で、仮想専用線のことです。

VPNを使うことで、セキュリティが大幅に強化され、第三者やサイバー犯罪者からインターネット通信の安全性やプライバシーを保護できるようになります。

この記事では、このVPNについて、さらに掘り下げて解説していきます。

 

VPNの仕組みは?できることは?

VPNを使ってインターネットアクセスすると、そのインターネット通信に対して外部から不正アクセスすることが極めて難しくなります。

機密事項を扱う企業では、社内ネットワークにアクセスするのにVPNが使われています。

個人でも、フリーWi-Fiなどの安全性が脆弱な場所において、インターネットを利用するときのセキュリティ強化に役立つのがVPNです。

通常、インターネットは世界に開かれたオープンなネットワークであるため、悪意を持った第三者から攻撃を受けるリスクがあるなど、セキュリティの面で課題があります。

VPNを使わないデメリット

VPNは、使用する端末とオープンなネットワークとの間にVPNサーバーをつなぎ、端末とVPNサーバーの間の情報通信を暗号化することで、通信セキュリティを高められるのです。

VPNのメリット

もっと詳しく>>VPN接続するとどうなる?

 

VPNはいつ使う?

VPNを使うのは以下のようなときです。

VPNを使う場面

  • フリーWi-Fiなど、セキュリティ対策が不十分なネットワークに接続する場合
  • 海外などでインターネット検閲を避けてネットワークに接続する場合
  • IPアドレスを変えてサービスを利用する場合

通信を暗号化できるVPNの特徴を考えると、VPNはセキュリティ対策が不十分なネットワークに接続する際に効果を発揮できます。

一方で、通信の暗号化は、インターネット検閲が盛んな国でも有効です。

たとえば、中国のように海外のサービスへのアクセスを禁止している国では、VPNを使って通信を暗号化することで、インターネット検閲をすり抜けられます。

また、VPNを使うと、インターネットプロバイダのIPアドレスではなく、VPNサーバーのIPアドレスでWebサイトにアクセスできるようになります。

このIPアドレスが変わる仕組みは、VPNをお得に使える裏技ともつながる仕組みです。

もっと詳しく>>VPNの利用場面は?

 

VPNを使うメリット・デメリットは?

VPNには、インターネット接続のセキュリティ・プライバシー保護を強化できるメリットがあります。

また、先ほど書いたように、VPNにはIPアドレスを変える特徴があることから、Webサービスをお得に使えるメリットが多数あります。

まとめると、VPNを使う場合のメリットは、以下5つです。

VPNを使うメリット

  • インターネット接続のセキュリティ・プライバシー保護を強化できる
  • 海外から日本限定のサービスにアクセスできる
  • 日本から海外限定のサービスにアクセスできる
  • 航空券やホテルを安く予約できる
  • YouTube PremiumやNetflixなどのサブスクサービスを安く利用できる

一方で、VPN使うデメリットとして、以下2つが挙げられます。

VPNを使うデメリット

  • 利用料がかかる
  • 通信速度が落ちる

もっと詳しく>>VPNを個人で使うメリットは?

 

無料VPNのリスクは?

無料でも有料でも同じように使えるなら、無料VPNのほうがよいと感じるかもしれませんが、無料VPNにはいくつかデメリット・リスクがあります。

無料VPNの危険性【リスク・デメリットは?】

  • プライバシー保護とセキュリティのレベルが低くなりがち
  • 広告表示が邪魔になる
  • 通信速度と通信容量の制限がある
  • 使えるサーバーが限定される
  • 運営者の信頼性と透明性に問題のあるケースがある

もっと詳しく>>無料VPNの危険性は?

 

有料VPNのメリットは?

有料VPNにはお金がかかるというデメリットはあるものの、世界的な大手のVPNプロバイダを選べば、以下のようなメリットがあります。

有料VPNのメリット

  • 通信速度が速い(サービスやサーバーによっては、ほとんど速度が落ちない)
  • サーバーにログを残さない
  • 軍事レベルの暗号化技術を使える
  • 世界数十カ国のサーバーが使える
  • サービスが日々改善されている

たとえば世界最大手のExpressVPNNordVPNだと、サーバーによっては速度の低下がほとんど気にならないほど快適に使えます。

さらに、ログをサーバーに残さない仕組みになっていて、暗号化技術は軍事に転用できるほどのレベルなので、プライバシー・セキュリティの面でも安心です。

利用者からお金をとっている分、日々サービスが改善されていて、カスタマーサポートの対応も抜群です。

おすすめの有料VPN5選はこちら

 

VPNを使うことは違法・合法?

日本を含むほとんどの国でVPNは合法とされています。

VPNを違法としたり、利用を制限したりする国は、世界の中でも数えるほどしかありません。

法律的に規制されているのは以下の国です。

中国、ロシア、ベラルーシ、トルクメニスタン、北朝鮮、イラク、イラン、オマーン、エジプト、トルコ、アラブ首長国連邦

関連記事:VPNは違法か?合法か?【VPNの使用を規制している国】

 

VPNに関してよくある質問

VPNに関してよくある質問をまとめました。

普段インターネットを使うときは、VPNはオンオフのどちらがよいですか?

インターネット通信をより安全にしたいのであれば、VPNをオンにしたままの方がよいです。

VPNはインターネット通信を暗号化できるため、情報を外部からハッキングするのが非常に困難になるからです。

さらに安全性を高めたい場合は、キルスイッチのあるVPNサービスを使うのがよいでしょう。

キルスイッチとは、VPN接続が切れた瞬間に、インターネット接続も切断する機能です。

関連記事:VPNのキルスイッチとは【キルスイッチの使い方】

VPNを使ってIPアドレスを変えるデメリットはありますか?

VPNを使ってIPアドレスが変わると、特定のサービスを閲覧したり、ログインしたりできなくなることがあります。

IPアドレスによってコンテンツの提供を止めているサービスがあるからです。

たとえば、VPNでアメリカのサーバーに接続して、日本限定のサービスに接続するとブロックされてしまいます。

関連記事:VPN接続すると見れないサイト【はじかれる原因と対策】

逆に、IPアドレスが変わることを利用して、日本では見れない海外限定のコンテンツを見る方法もあります。

関連記事:日本から海外限定のサイトを見る方法【VPNで視聴制限を突破可能】

VPNはどのくらい利用されていますか?

世界的に見るとVPNの利用が盛んな国は多く、海外では利用率が20~30%の国も多くあります。

一方で、日本ではVPNの活用は進んでおらず、2022年のVPN利用率は1.48%にとどまっています。

先進国の主な国での2022年のデータを見ると、アメリカが約15%、イギリスが約18%、フランスとドイツが約14%となっていて、日本より普及が進んでいることがわかります。

出典:https://atlasvpn.com/vpn-adoption-index

有料VPNにもリスクはありますか?

VPNプロバイダによっては悪意のあるサービスもあるかもしれませんが、名の知れたVPNサービスを使えばセキュリティ上も安心です。

少なくともおすすめの有料VPN5選で紹介している有料VPNサービスなら、セキュリティ上の悪評もなく安心して使えるサービスになっています。

 

まとめ

以上、VPNについて解説しました。

  • VPNとは、バーチャル・プライベート・ネットワーク(Virtual Private Network)、仮想専用線のことで、インターネット通信を暗号化してセキュリティを高める目的で使われる。
  • VPNは、フリーWi-Fiなど、セキュリティ対策が不十分なネットワークに接続する場合、海外などでインターネット検閲を避けてネットワークに接続する場合、IPアドレスを変えてサービスを利用する場合によく使われる。
  • IPアドレスを変えられる特徴から、国外のコンテンツを視聴したり、サブスクサービスを安く契約したりする際にもVPNを活用できる。
  • 無料VPNには、お金がかからないメリットがあるものの、セキュリティ上の懸念が払拭できないため利用はおすすめできない。その点、有料VPNは、お金がかかるものの、セキュリティやサービスの面で安心できる。